Our history
  • 1919

    ハーバート・メイソン氏とフレッド・リンシッド氏によってアメリカ、デトロイトに設立。たちまち最大級の自動車産業塗料の販売会社となる

  • 1926

    世界的高級車として名高い「キャデラック」の最初の自動車塗料に選ばれる

  • 1931

    R-Mが世界で初めてメタリック塗料の販売を行う

  • 1948

    世界初の調色システムを発案し業界に大改革が起こる

  • 1960’s

    初の宇宙任務用に耐熱用ブラックラッカーを供給

  • 1963

    アメリカ以外での初のR&D及び製造施設をR-Mフランス、パリに設立

  • 1970

    初のOEM用水性塗料を開発する

  • 1981

    2コートシステムのダイアモントをフランス、クレモンにて発売

  • 1986

    1986-BASFグループの一員となる

  • 1990

    クレモンにリフィニッシュ・コンピテンス・センター(RCC)設立

  • 1995

    世界初のカラーツール「カラーマスター」(R-M独自のカラーマッチング・システム)を開発

  • 1995

    補修用水性ベースコート調色システム「オニキスHD」とハイソリッドシステム「ウノHD」の2種を発売

  • 1996

    WWW.rmpaint.com R-Mが自動車補修業界で初となる、オンラインカラー検索システムを発表

  • 2000

    工場の生産性や収益性向上の為の革新的なサービス「プログラム・フォー・サクセス」を開始

  • 2003

    カスタムペイント専用塗料「カリズマ」をアメリカで販売、また2008年には初のVOC規定内の補修塗料として発売

  • 2009

    色(処方)検索の効率化の為の第二世代測色器「カラートロニック2」を発売

  • 2010

    10回目となるインターナショナルベストペインターコンテストをフランス・クレルモンで開催。
    日本代表が初参加で優勝を飾る

  • 2011

    R-Mプレミアムパートナー制度をヨーロッパで開始

  • 2013

    R-M インターナショナルリフィニッシュコンピテンスセンターをリノベーション
    ヨーロッパで最もモダンなトレーニングセンターの誕生

1910
1920
1930
1940
1950
1960
1970
1980
1990
2000
2010
2020
 
Master’Art

R-M’s initiative to promote excellence

Training new generations is crucial for the profession. The automotive industry is clearly one of the sectors that experience the most significant changes due to new technologies and sustainable development requirements. R-M made a conscious decision to actively cooperate with schools to encourage young talent to join the world of automotive industry. With Master’Art, R-M promotes the job of automotive refinish painter and explains why this job offers such huge potential and will enable those who chose it to take up the great challenges offered by this exciting career.

 
Our OEM Partners

R-Mは世界のカーメーカーから最も信頼されているパートナーです。
View all

R-Mは世界のカーメーカーから最も信頼されているパートナーです。

BASFジャパンは、新車/OEM塗料と同様に、自動車補修用の塗料の開発においても最も効率的で最新鋭の地球環境に配慮されたコーティングステクノロジー、そのような革新的な技術を開発する為に、世界各国の主要な自動車メーカーと密接に連携しR-Mの理念を世界へ展開しています。


Close