Body fillers

FOR EFFECTIVE PREPARATION

The R-M range of body fillers is specially designed to meet your requirements for a perfect finish, on all surfaces and for all types of repair. R-M has seven body fillers in the range offering a comprehensive range of technologies, ensuring that you will always be able to find a perfect solution accurately targeted for every repair…


View all
 
TECHNICAL DATA SHEETS
 
ONYX HD

R-Mの水性ベースコートシステム

R-Mでは、環境の保護と顧客の皆様を最優先に活動しています。我々は、より使いやすく、短い時間で最高の仕上がりを実現する製品を提供するため、より良い製品の開発に力を注いでいます。

Associated gallery

MIXING BASE W : ミキシングベースW

狙いはひとつ、生産性向上

ミキシングベースWはオニキスHDの高い隠ぺい性を更に向上させる
理想的な新原色です
ボディショップの生産性向上と、塗料の消費量削減を可能にする
自動車補修用塗料オニキスHD向けの高度なソリューション
オニキスHD向けに開発された特殊な顔料により、
従来の作業のままで、すばらしい品質に仕上がります
既存のオニキスHDのテクノロジーに革新的な技術を加え、
顧客ニーズにマッチした製品として開発されました

ミキシングベースWを採用する目的
■ 塗料消費量を大幅に削減します
■ 塗装回数を減らしフラッシュオフタイムの短縮を実現します
■ トータル塗装作業時間の短縮を実現します

パフォーマンスの向上と大幅な削減
超濃縮タイプなので、塗料の使用量が大幅に削減できます
ベースコートの消費量が最大40%削減が可能になります
ブースでのサイクルタイムを最大20%短縮することができます

全てのボディショップが勝者となるために!


R-Mの革新- 大きく進化した製品品質をご堪能ください。

R-Mはこれまでの塗装経験や標準的なプロセスを無駄にして、革新するのではありません。ONYX HDの高密度技術は世界を代表する水性テクノロジーの経験が基となっており、従来の塗装プロセスをそのまま用いることが、1995年以来十分に証明されています。現在のスプレーブース、混合機、スプレーガンをそのまま利用することが出来ます。R-Mは自動車補修技術において最新の開発を基にソリューションを提供しており、ONYX HDは新世代のカラーマスター・カラーツールと共に素晴らしい品質を提供します。 ONYX HDは2つの特殊効果着色ベースであるクリスタルベースとスペシャルクリスタルベースと相性が良いのです。

溶剤排出量80%削減

ONYX HDは、従来型の自動車補修技術と比較すると、80%もの溶剤の排出を削減しています。使用前に混合するONYX HDの溶剤容量は1リットルあたり約150グラムです。

最大90%の廃棄物削減

ONYX HDは従来の作業を変更せず、廃棄物管理を容易にします。スプレーガンの洗浄は、自動のガンクリーナーを使用しており、それは水孔を使用して綿状沈殿により水を処理します。このような使いやすいシステムにより、廃棄量を90%ほど減らすことが出来ます。

乾燥時間の短縮

処理能力を最適化するために乾燥のスピードは不可欠です。R-MにはONYX HDの乾燥を速くするやめの特殊なDRY Jetがあります。Dry Jetは圧縮された空気のつながりを再利用する、パネル修理に対する乾燥システムです。

完璧な仕上がり

ONYX HDは、水性ベースコートと相性の良いクロノラックスCPとクリスタルクリアCPのクリアコートにより、最高の仕上がりを提供します。

VOC-規制

ONYX HDは、規制が厳しいヨーロッパのVOCの排出規制[<420g/l]を満たしています。水性システムの環境的な利益は、従来行っていた準備・塗装・保管の作業を単純化することにも結び付いています。

 

Technical Data Sheets

 
UNO HD / ウノHD

ソリッドカラー専用R-M補修システム

UNO HDは、最良の状態でR-Mの哲学、すなわち“環境へ心から配慮し、高いパフォーマンス、完璧な仕上がり、最良の経済性と生産性“反映しています。

高い隠蔽性とレベリング性能

UNO HDは、高い顔料濃度によって、最良の塗装性、高い生産性と、素晴らしい隠蔽力を保証しています。その高い顔料コンテントは、高い隠蔽力により結果的に製品消費量を節約することに繋がります。UNO HDの素晴らしいポリッシュ性、超速乾性により、いつも完璧な仕上がりを手に入れ、ボディーショップはあらゆるタイプの作業を素早く効率的に終わらせることが出来ます。 CHRONOTOPを使うソリューションは、短時間でのスポット修理に向いています。その他全てのR-M製品のように、UNO HDは最高品質とその扱い易さを効率性を提供するだけでなく、みなさまの成功への鍵となるためにR-Mの責任と決心を反映している製品なのです。
これに加え最新の環境対応型スプレーガンの技術、効率性を加えると、溶剤性排出を更に少なくすることが可能です。

 

Technical Data Sheets

 
クリスタルベース
/スペシャルクリスタルベース:
R-Mによる最新テクニカルソリューション

特殊な塗色/カラーに合わせることは、決して簡単な事ではありません。

今日のボディーショップは、増え続けている特別な効果を持つ色、塗膜にも完璧な色に合わせられる事を期待されています。独自性、個性を生み出す争いに関して、車の色が自動車の個性を際立たせる1つの方法となりました。これらの特殊な色の使用は、近年では過去の3倍以上に増えており、ただこれは始まりに過ぎず、特殊効果をもつ色の大幅な増加が予想されています。R-Mはクリスタルベースを使ってこのトレンドに対応しています。 この濃縮された顔料ベースは、特殊効果顔料に対応する為開発されました。 125mlボトルでパッケージされています。

クリスタルベースの利点が違いを生み出す。

-- 攪拌は必要ありません。 ミキシングマシーンの追加スペースも必要ありません。 - 125mlのボトルは、特殊効果色顔料向けに特別にデザインされました。

- 特別な専用キャップにより、簡単に使用でき、正確な計量を可能にします。

- 最低限の投資で、特殊効果塗色向けの顔料セットを用意できます。

- クリスタルベースシリーズには、専用の収納BOXが用意されています。

BOXには、より作業しやすく最後まで使用できるように、“逆さまにして”並べられています。

作業工程を変えずに革新を得る。

クリスタルベースは、2つのR-Mのベースコートシステム“DIAMONT”と“ONYX HD”に利用できます。従来のカラーベースと同様、クリスタルベースは、特殊効果塗色の処方を構成する一原色として設定されています。

スペシャルクリスタルベース:より特殊な要求に対するソリューション

これらの新しいベースは、BPで使用される多くの特別な顔料の塗色をサポートするために使われています。これらの製品によって、ボディーショップではかなり特殊な難しい塗色の補修でも容易に対応することが出来ます。

 

Technical Data Sheets

 
DIAMONT

R-Mの溶剤系ベースコートシステム

DIAMONTは溶剤性ベースコートとクリアカラーにとって、ソリッド・メタリック・パールに関わらず、最も高いパフォーマンスソリューションです。DIAMONTの利点は効率性、使いやすさ、素早いフラッシュオフタイムと最低限の原料消費による経済的利点により、十分に証明されています。

確実なシンプルさ

DIAMONTは何も特別な技術は必要なく、塗装はシンプルです。この全工程を通しての使いやすさが、全ての環境において完璧な仕上がりを保証しています。あらゆる汚れや細かな不良をタッククロスを用いて迅速に取り除くことが出来ます。

より効率的に、より消費量は少なく

DIAMONTの素晴らしいカバー力により、仕上がりの質は原料の品質より、効率性の問題であることを証明しています。

 

Technical Data Sheets

 
Technical data Sheets
Passenger cars
Cleaners
Undercoat materials
Basecoats & topcoats
Clears
Additives & Special products
Refinishing processes (補修工程)
For all paintsystems and more details click here. 全ての項目をご覧になりたい場合は" here"をクリックしてください。
A 1.1:    PREP'ART: 電着プライマー塗装のOEM用パネル
A 1.2:    PREP'ART: スチール、損傷パネル
A 1.3:    PREP'ART: アルミニウム、新品パネル
A 1.4:    PREP'ART: アルミニウム、損傷パネル
A 1.5:    PREP'ART: プラスチック、新品パネル
A 1.6:    PREP'ART: プラスチック、損傷パネル
A 1.6.1: プラスチック部品の塗装:アンダーコート混合比
A 1.6.2: プラスチック部品の塗装:ダイアモント及びクリヤーの混合比
A 1.6.3: プラスチック部品の塗装:ウノHD混合比
A 1.6.4: プラスチック部品の塗装:オニキスHDおよびクリヤーの混合比
A 1.6.5: ダイレクトフィラー ブラック, グレー, ホワイト   適用別仕様
A 1.7:    UV ペイントシステム プラスチックパーツを修理する為の 1K UV プライマーフィラー ペイントシステム
A 1.7.1: UV  ペイントシステム 鋼板パーツを修理する為の 1K UV プライマーフィラー ペイントシステム
A 2.1:   BLEND'ART: オニキスHDを用いた小さな塗膜損傷の補修
A 2.2:   BLEND'ART: オニキスHDを用いた補修パネル内でのボカシ塗装
A 2.3:   BLEND'ART:  オニキスHDを用いた隣接パネルへのボカシ塗装
A 3.1:   BLEND'ART: ダイアモントを用いた小さな損傷の補修
A 3.2:   BLEND'ART: 補修パネル上でのダイアモントを用いたボカシ塗装
A 3.3:   BLEND'ART: ダイアモントを用いた隣接パネルへのボカシ塗装
Special processes (特別工程)
B 1:    Putty guide (パテガイド)    
B 1.1: Vehicles damaged by hail:あられにより損傷を受けた車体
B 2:    UNO HD: blending on one panel:ウノHDパネル内でのボカシ塗装
B 2.1: UNO HD: blending on the adjacent panel:ウノHD隣接パネルへのボカシ塗装
B 2.2: UNO HD: blending with MULTI SPOT on the panel being repaired:ウノHDマルチスポットを用いたパネル内でのボカシ塗装
B 3:    ONYX HD: colors for interiors: オニキスHD内装色
B 3.1: ONYX HD: blending process for three-coat systems:オニキスHD3コートシステムのボカシ作業工程
B 3.2: ONYX HD: blending process for four-coat systems:オニキスHD4コートシステムのボカシ作業工程
B 3.3: ONYX HD tri-coat system, blending in on the adjacent panel:オニキスHD3コートシステム 隣接パネルのボカシ塗装
B 3.4: ONYX HD tri-coat system, blending in on the panel being repaired:オニキスHD3コートシステム パネル内でのボカシ塗装
B 4:    HYDROCLEAN: treatment of waste water:ハイドロクリーン オニキスHDを含んだ排水の処理
B 6:    Matt Shade concept: 艶消し塗装コンセプト
B 6.1: Matt Shade concept    艶消し塗装コンセプト
Annexes(付属文書l)
Pictograms (ピクトグラム)
D 2: Flow times, measured with different viscosity cups:フロー時間、塗料粘度一覧表
D 3: Sanding paper grit sizes, For undercoats:アンダーコート向け、サンディングペーパー番手
D 4: Infrared drying, Infrared drying parameters for R-M products: 赤外線乾燥、R-M製品用赤外線乾燥条件
D 5: 温度管理表 温度による硬化剤 / シンナーの混合比
D 6: プラスチック塗装 – アンダーコート
 
Technical data Sheets
Passenger cars VOC
Cleaners
Undercoat materials
Basecoats & topcoats
Clears
Additives & special products
Refinishing processes
For all paintsystems and more details click here.
A 1.1: PREP’ART: 電着新品パネル
A 1.2: PREP’ART スチールの損傷パネル
A 1.3: PREP’ART アルミニウムの新品パネル
A 1.4: PREP’ART アルミニウムの損傷パネル
A 1.5: PREP’ART プラスチックの新品パネル
A 1.6: PREP’ART プラスチックの損傷パネル 
A 1.6.1: プラスチック部品の塗装 アンダーコート混合比
A 1.6.3: プラスチック部品の塗装 ウノ HD 混合比
A 1.6.4: プラスチック部品の塗装 オニキス HD およびクリヤーの混合比
A 1.6.5: ダイレクトフィラー ホワイト / グレー / ブラック 塗装別仕様
A 1.7:    UV ペイントシステム プラスチックパーツを修理する為の 1K UV プライマーフィラー ペイントシステム
A 1.7.1: UV ペイントシステム 鋼板パーツを修理する為の 1K UV プライマーフィラー ペイントシステム
A 2.1: BLEND’ART オニキス HD を用いた小さな塗膜補修 
A 2.2: BLEND’ART オニキス HD を用いた補修パネル内でのボカシ塗装
A 2.3: BLEND’ART オニキス HD を用いた隣接パネルへのボカシ塗装
Special processes
B 1: パテガイド 
B 1.1: あられにより損傷を受けた車体
B 2: ウノ HD CP パネル内でのボカシ塗装 補修パネルへのボカシ塗装 
B 2.1: UNO HD CP 隣接パネルへのボカシ塗装
B 3: オニキス HD 内装色
B 3.1: オニキス HD 3 コートシステムのボカシ塗装
B 3.2: オニキス HD 4 コートシステムのボカシ塗装
B 3.3: ONYX HD 3 コートシステム 隣接パネルのボカシ塗装 高彩度の ONYX HD 向け(ステップ 2)
B 3.4: ONYX HD 3 コートシステム 補修パネルのボカシ塗装 高彩度の ONYX HD 向け(ステップ 2)
B 4: ハイドロクリーン オニキス HD を含んだ廃水の処理
B 6: つや消し塗装コンセプト
B 6.1: つや消し塗装コンセプト
Annexe
ピトグラム一覧表
D 2: フロー時間 粘度カップによる計測値の違い
D 3: サンディングペーパーの番手 アンダーコート向け
D 4: 赤外線乾燥 R-M 製品用 赤外線乾燥条件 
D 5: 温度管理表 温度による硬化剤/シンナーの混合比
D 6: プラスチック塗装 – アンダーコート
 
Technical data Sheets
Commercial vehicles
Undercoat materials
STOP FILLER II
STOP MULTI
GRAPHITE HD CHASSIS SURFACER
GRAPHITE HD CHASSISMIX
GRAPHITE HD CHASSISMIX DTM
GRAPHITE HD EPOXY
GRAPHITE HD EPOXY CF
GRAPHITE HD ETCH PRIMER FILLER
GRAPHITE HD PRIMER CF
GRAPHITE HD PRIMER FILLER MP
GRAPHITE HD SURFACER WHITE
GRAPHITE HD WASH FILLER
TRANSPARENT SEALER CP
Clears
GRAPHITE HD CLEAR
CV Topcoats
GRAPHITE HD GHD CV40M
GRAPHITE HD TOPCOAT MATT
GRAPHITE HD TOPCOAT
GRAPHITE HD CV12
ONYX HD
DIAMONT
Additives
 
Technical data Sheets
Process Information
Process
Colors
Others
 
エクストラシーラー

ブラックとホワイト

エクストラシーラーのブラックとホワイトのウェット・オン・ウェットシーラーにより、全てのR-Mのトップコートの密着力を確保しつつ、新品パーツや小面積補修の作業スピードの短縮化や下地作業の効率化を生み出すことが可能となります。

最大限、効率化するために、塗色に応じたシェードを利用する

エクストラシーラーブラックとホワイトは、8つ以上のグレーシェードがあり、それぞれを混合するようデザインされています。トップコートは最大40%まで使用量削減が可能であり、UNO HD、もしくはONYX HD を5%、添加することにより、塗装時間を最大で45%まで削減することが可能です。

時間短縮、エネルギーの節約と合理化

修理費用を削減し、増え続ける保険会社からの要求を満たすには、費用対効果を上げる必要があります。スピードアートの利用により、研磨処理時間やトップコートの塗装前の工程時間の削減が可能になります。 :エクストラシーラーによるスピードアート利用、研磨作業の短縮、グレーシェードシステムによって、作業効率の向上、下地工程と作業時間の短縮が可能になります。

ボディーショップのメリットとして、2つの硬化剤をご用意

D80は、広面積用の硬化剤です。ボディーショップは処理台数の増加が可能になり、塗装後、20℃で15分のフラッシュオフ後にトップコートの塗装が可能です。また、D70は、低温用の硬化剤で、グレーシェードガイド(左のコラムからダウンロード)を参考していただき、塗色に応じたシェードを選択してください! エクストラシーラーブラックとホワイトは、R-Mのトップコートに完璧にマッチしたグレーシェードシステムです。

 

Technical Data Sheets

 
PERFECTFILLER
BLACK, WHITE AND GREY:
パーフェクトフィラーブラック、ホワイト、グレー

高品質、速い、効率の良いグレーシェードプライマーシステム

パーフェクトフィラーはRMトップコートのパフォーマンスを最大限、活かすために、塗色に近いシェードを選択でき、ホワイト・グレーそして、ブラックの3色を利用することが可能です。パーフェクトフィラーのコンセプト、それは全てのトップコートの隠蔽力を最適に利用できるグレーシェードシステムプライマーとして、補修業界のスタンダードとなることです。 パーフェクトフィラーは100:25:25の混合比、D70と D80の硬化剤、塗装回数は2 –3回、と使い勝手が良く、トップコートを最適に利用できる一方で、トップコートの使用量と塗装時間の削減が可能です。パーフェクトフィラー、それは完璧な仕上がりを追及するペインターにとって最高のグレーシェードシステムなのです!